痩身エステでアプローチした部位にストレッチや筋トレで負荷をかけると効果がアップします。

トータルビューティーのメインビジュアル

適度な運動

 

ダイエットで非常に重要なのが運動です。
運動をすれば脂肪が燃焼されるとともに筋肉が付いて基礎代謝がよくなります。
結果的にカロリーを消費して、直近で食べた食事をエネルギーに変え、脂肪が筋肉へと変わって身体が引き締まりながら体重が減少していきます。

 

ストレッチをする外国人女性

 

 

痩身エステは運動しなくてもマシンやエステシャンのマッサージによって脂肪を燃焼させる効果があり、身体を動かすのが苦手な方に選ばれているダイエット法です。
しかし、運動や痩身エステで脂肪を燃焼させても効果は一時的なもので、時間が経てばすぐに戻ってしまいます。

 

つまり、ダイエットは1日だけ重点的に身体にアプローチしても意味がなく、毎日適度な脂肪燃焼を繰り返す必要があります。

 

毎日もしくは週に3~4回の頻度で痩身エステに通えれば運動しなくてもいいのですが、費用と時間の問題から現実的ではないですよね?
毎日少しずつでいいので適度な運動をすれば、ダイエット効果を期待でき、たまにでもいいので痩身エステを利用すれば大きな相乗効果を得られます。

 

たまに行う本格的な運動より日々の軽い運動が大切

 

痩身エステは一度利用するだけでウエストが細くなりますが、数日すればウエストと体重ともに元に戻ります。
運動や痩身エステで脂肪を燃焼した場合、身体が栄養を吸収しようと働くので、いつもと同じ食事を食べても運動やエステ直後は栄養を吸収しやすいデメリットもあります。
運動や食事制限を1日頑張ってもダイエット効果を期待できないことは多くの方が理解しているでしょう。

 

そこで重要なのが、毎日少しずつでもいいので軽い運動をすることです。
もちろんスポーツウェアを着て汗だくになるような運動を毎日するのが理想ですが、時間やストレスの面で実践できる人は少ないでしょう。

 

週に1回60分ガッツリ運動するよりも、1日5分×2~3回程度でも軽い運動をした方が、身体は痩せようと働いてくれます。

 

通勤や買い物などの途中で階段をなるべく使うようにしたり、時間に余裕のある時に1駅分やバス停数個分を歩いて帰るなど、日常生活の中で身体を動かすように意識してみてください。
日常的に少しでも脂肪を燃焼する状況を作ってあげると、何も運動していない状況よりも着実に良い方向へ変化していきます。

 

 

痩身エステの効果を落とさない

 

痩身エステを利用する方は多くても週に1~2回。平均的には月に2~3回程度の頻度で通っていて、コース利用時でも3~10日前後の間隔を空けているものです。
もちろん、ある程度の間隔を空けても定期的に通っていれば大きな効果を得られますが、そこに毎日のちょっとした運動を取り入れれば、より大きな効果を得られます。

 

体重計に足を片足をのせている女性の足元

 

痩身エステを受けた後の身体は時間の経過とともに施術前の状態に戻ろうとしてきます。

 

そこに些細な運動をすることで身体が悪い状態に戻るのを食い止める効果が発生するため、次に痩身エステを受けた時の効果が大幅アップする仕組みです。

 

階段を使うようにしたり歩く距離を増やす身近な運動は、多くの方が一度は挑戦してみたけど、何も変化を得られなくてすぐにやめた経験があると思います。

 

たしかに運動だけでダイエットするのは大変なことですが、痩身エステと適度な運動を組み合わせれば、今までにないほどの変化を実感できるかもしれませんよ。

 

エステ後は脂肪を燃焼しやすい状態になっている

 

痩身エステをした日は水分を摂って身体を休める必要がありますが、翌日からはなるべく程度な運動をするようにしてください。

 

前項で紹介した痩身エステ直後の状態を維持する意味もありますが、痩身エステで凝り固まった皮下脂肪がほぐれている状態だと、些細な運動でも脂肪が刺激されて燃焼しやすくなっています。

 

歩いたり階段の昇り降りなど下半身を中心に身体全体を使う運動もいいですし、痩身エステで重点的にアプローチしたお腹や腕、太ももなどに負荷をかけるストレッチや筋トレを寝る前に少しやるだけでも全然違います。

 

いずれにしても痩身エステをしてからの一定期間は痩せるチャンスが大幅に高まっているので、どんな形でもいいので小まめな運動を繰り返すように意識しましょう。