小まめにストレス解消法を実践して、原因となるストレスを溜めないようにしましょう。

トータルビューティーのメインビジュアル

ストレスを溜めない

 

ダイエットや痩身エステの効果を高めるにはストレスを溜めないことが大切です。
ストレスは暴飲暴食・やる気の低下によってダイエット失敗に繋がる全ての元凶になります。

 

痩身エステ自体はリラックスして気持ち良く利用できるので、その場だけはリフレッシュ効果を得られますが、普段の生活の中にストレスが溢れているとダイエット効果は期待できなくなってしまいます。

 

ストレスが太る原因

 

人間はストレスを感じると「コルチゾール」という判断力を低下させるホルモンが分泌されます。

 

判断力がなくなることで食事制限の解除運動やストレッチを行う日課をサボるなど、ダイエットのために決めたルールを破ってしまいます。

 

 

ドーナッツを頬張る女性

 

 

また、ストレスによるイライラする気持ちが発生すると、常に何かをしたい挙動に掻き立てられ、結果的に暴飲暴食や夜更かしなどダイエットに悪いことをしてしまいがちです。

 

さらにストレスを抱えている状態だと、やる気が低下して何をするにも面倒に感じるようになってしまいます。痩身エステによるダイエットはアフターケアが重要ですが、ストレスによってケアを怠ってしまえば、効果と持続力は大幅に低下します。

 

ストレスが大きいと食欲が増大する要因

 

強いストレスを感じていると、身体が攻撃を受けているものだと脳が勘違いして、筋肉の血中にブドウ糖を排出させるように働きかけ血糖値が上昇しようとします。

 

血糖値の上昇を抑えるために、すい臓からはインスリンが大量分泌されるため、身体はインスリンとブドウ糖の低下に伴う栄養不足を補うために空腹を感じるようになります。

 

机の上に並んでいる沢山のケーキ

 

ストレスを感じている時は糖分の高いものが欲しくなるため、お菓子など肥満の原因になりやすいものを食べてしまいやすいです。

 

ストレスのない正常な状態であれば、小腹が空いた時にダイエット食品など低カロリーの物を食べるだけで満腹中枢が刺激されて満たされますが、ストレスが溜まっている身体は糖分を求めているので、低カロリーの物を口に入れても満たされません。

 

ストレスを溜めた時の対処法

 

ストレスを溜めた時は、食欲などの直面している欲求を満たすだけではなく、睡眠や運動、ストレスの原因に直接的なアプローチをすることが大切です。

 

頭を抱えながらも寝ようと努力をする女性

 

ストレスでお腹が空いた時に、甘い物を暴飲暴食すれば一時的に満たされますが、ブドウ糖とインスリンが大量分泌される状態が変わらなければ、時間の経過とともに再び強い空腹感を感じるようになります。

 

すでにストレスを溜め込んで暴飲暴食したい衝動が起こっている場合は、ノーリスクの対策を講じるのが難しくなります。

 

空腹感などの欲求を我慢すると、それがストレスになってブドウ糖とインスリンの分泌などダイエットに悪い症状が悪化し、結果的にどこかで反動による暴飲暴食をするリスクが高くなります。

 

そうなる前に早めの対処をすることが大切で、食事や間食を我慢することが辛く感じる場合は低カロリーのダイエット食品ダイエット向けのオヤツなどを常備して、お腹が空いた時は我慢するのではなく太りにくいものを食べることでカバーしましょう。

 

また、適度な運動をするのもストレス解消になりますし、家の中でアロマを炊くなどリラックスしやすい環境を整えるのも効果的です。

 

お金を使わないとストレス解消できない場合は、自分へのご褒美として痩身エステを利用するのもおすすめですよ。

 

 

まとめ

 

ストレス太りという言葉がある通り、ストレスはあらゆる面でダイエットの成功を邪魔してきます。
働いている社会人の方や学校での人間関係に悩んでいる女性はノンストレス状態を維持するのが難しいものですが、少しでもストレスを溜めこまずに解消できる方法を模索してください。

 

過度なストレス状態を回避するために、小まめなストレス解消法を実践することと、根本的なストレスの原因にアプローチする2つの取り組みを計画的に行いましょう。